旬感食材

毎月2回、旬の食材を取り上げて
ちょこっとしたうんちくをご紹介。

●第18回 「いじめないで」

牛蒡 貴方は、異性と初めて二人きりで行った映画を覚えていますか?ボクは、まぁ、覚えているような、いないような。
確か中学3年生のとき。一緒に行った相手も覚えています。しかし、どんな映画だったかは全く覚えていないなぁ。

流石に緊張していたのかなぁ。でも、映画を見た後、まだ様々な遊具があった阪急百貨店の屋上に遊びに行ったなぁ。二人でゲームをしたなぁ。可愛かったなぁ。

映画のことは本当に覚えていないのに一緒に映画を見た彼女のことは本当によく覚えています。これが初めてのデートだったから。実はこの彼女、僕より背が高かった。確かバレーボール部。

細くて、陽に焼けていて、活動的で、しなやかだったなぁ。そこで口の悪い奴は「ゴボウみたい」と言っていた。「ゴボウ」の何が悪い。今が旬の「ゴボウ」はとてもいい奴なのだ。

管理栄養士の徳田泰子先生はこう解説します。「食物繊維、特に利尿作用があるイヌリンや、整腸作用があり動脈硬化や高コレステロールの改善にも役立つと言われるヘミセルロースが豊富に含まれているのです」。
さらにこうしたゴボウに含まれる食物繊維は、消化吸収されずにお腹の中を通過するため、胃や腸をきれいに掃除し便秘を改善、大腸ガンの予防になると言うのですから実にありがたい食材なのであります。

牛蒡 ところで、その彼女ですが、デートはその一回きり。高校に入り、彼女には少し良くない友達が出来たんじゃないかな。その時彼女の家庭は少しゴタゴタしていたんじゃないかな。大学生になって久しぶりに彼女を見ました。彼女はお酒に酔って泣いていました。
以前のままスラリと細くて、少し浅黒いままだったけれど、随分大人になって綺麗になっていました。
彼女は何に泣いていたのでしょう。 今一度翻って「ゴボウ」について。貴方はゴボウの花を見たことがありますか?アザミによく似た花をつけます。そう、トゲトゲがあるあのアザミにそっくりな花。


そこで、ゴボウの花言葉は・・・「いじめないで」。あぁ、綺麗になっていた彼女には何があったのでしょうか。それ以来彼女には会っていません。少し寂しいボクの思い出です。

(By エッセイスト・KUNI61)

記事一覧へ