旬感食材

毎月2回、旬の食材を取り上げて
ちょこっとしたうんちくをご紹介。

●第37回 「グリーンピースがここに」

グリーンピース(開き)

告白!ボクは「シイタケ」が苦手だ。

特にバラ寿司に入っている「シイタケ」は超苦手。
出来ればあの薄っぺらい「シイタケ」をよけて食べたい。
しかし、あの忌々しい「シイタケ」はバラ寿司の中では重要な構成要素であるようで、よけてもよけても出てくるのだ。
結局、目をつむって口に放り込み、ほとんど味わうことなく、お茶で流し込むはめになる。

同じことが「グリーンピース嫌い」の人にもあるようだ。「豆ごはん」の豆を一粒、一粒、取り除いていく。チャーハンの中のグリーンピースも一粒、一粒。焼売の上に綺麗に乗っているグリーンピースも。ちま、ちま、ちま。ネットで検索していたらこんなコメントを見つけた。

「グリーンピースをよける男性とは、2度と会いたいとは思えません」。
自らのシイタケ嫌いは棚に上げ、「そりゃそうだろ」と思う。


グリーンピース(豆)一方、童謡「ぞうさん」や「一ねんせいになったら」の作者で、今年の2月に亡くなった詩人まど・みちおさんは、豆粒一粒にも愛情を注いだ。「ぼくが ここに」と言う詩がある。少し長いが一部を抜粋した。
「ぼくがここにいるとき ほかのどんなものも ぼくにかさなってここにいることはできない・・・マメがいるならば その一つぶのマメだけしか ここにいることはできない・・・ああ このちきゅうのうえでは こんなにだいじにまもられているのだ・・・その“いること”こそが なににもまして すばらしいこととして」

う〜ん。豆は豆で、グリーンピースはグリーンピースで、いるだけで素晴らしいのだ。

グリーンピース(鞘) 管理栄養士の徳田泰子先生も、グリーンピースについてこう説明する。
「グリーンピースの注目すべき点は、食物繊維が大豆よりも多く、また、強力な抗酸化力を持つといわれるβカロテンが豆類の中でも豊富に含まれている点です。さらにビタミンB 群がバランスよく含まれているので、からだの代謝をスムーズにして、疲労物質を分解するのに役立っています。季節の変わり目の肌荒れ対策にもおすすめですね」

凄いぞ!グリーンピース。

グリーンピースをよける男など、本当に何も分かっていないのだ!

ボクはグリーンピースの魅力が分かる男になりたい。

(ByエッセイシストKUNI61)

記事一覧へ