旬感食材

毎月1回、旬の食材を取り上げて
ちょこっとしたうんちくをご紹介。

●第44回 「白魚は成長して○○○○になる!?」

ししゃも「あぁ、今も思い出すよ、貴女のことを。春風になびく緑の黒髪。夏の陽射しに細める瞳。秋晴れの下、弾ます肢体。 冬、木枯らしにすくめる首元。あぁ、青春の一頁。甘き香りする日々よ。遠くから貴方を見ているだけでよかった。僕の視線の先には、いつも貴女がいた。けれど、貴女がそばにいる時には、僕は貴女など気にしていないと言った素振りを懸命に見せる。もちろん、決して顔など見ない。否、見ることなど出来ないのだ。多分、それだけで僕の胸は張り裂けていたことだろう。そこで、僕の視線は自然と貴女の手元へと行く。そして、そこで、必ずフリーズするのだ。その美しき指に、僕の目は釘づけにされる。あぁ、陳腐な表現になることを許しておくれ。貴女のその指は、まさに白魚のような指。その指を、透明な湖から掬い出して、僕は、我が家の金魚鉢にて飼うのだ。あぁ、白魚の君よ。」

ししゃも2どうです?
大正ロマン風に詩などを読んでみました。
何が言いたかったかと言うと、ボクは女性の指が好きで、特に白魚のような細くそして透き通るように白い指が好きってことです。
しかし、時と言うのは恐ろしい。あれだけ白魚のような指をしていたはずなのに、何年か振りに会うと、その白魚は成長していて、あろうことか「シシャモ」に変わっていたりするのですから。
いやはや。
けれど、今旬の食材であるシシャモは凄いのです。


ししゃもと指管理栄養士の徳田泰子先生は、こう話します。
「頭やしっぽのカリカリ・サクサク、そしてたまごのプチプチと、焼くと本当に様々な食感が味わえるシシャモですが、まず、骨まで食べられるのでカルシウムを摂ることができます。そして、吸収されやすいビタミンDが含まれ、貧血・動脈硬化予防にかかわりをもつビタミンB12も多く含まれています。どれだけ多いかと言いますと、シシャモ1匹だけで成人が1日に必要な量の半分以上を賄えるほどです。さらに、血中の中性脂肪、コレステロールの調整をする不飽和脂肪酸が多いのも特徴です」とのこと。

確かに凄いぞシシャモ。
どうだ!
「貴女の指はシシャモのようですね」は褒め言葉なのだ!
すいません。多分、そんなことはありません。でも、それはそれで魅力的だと思います、本当に。

(ByエッセイシストKUNI61)


記事一覧へ